読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国文学

中国文学

史記』と『漢書』(岩波書店)/ 大木康  初版2008.11.18

 

   司馬遷の『史記』は今日でもそれに関する書物がたくさん書きあらわされており、その存在感・人気から、古典の中の古典としての地位を確立した史記がいまだに需要の高いものであることがわかる。それに対して、『漢書』はかなり地味で、影に隠れたようなイメージを持たれている。だがしかし、中国のその長い歴史的には、史記漢書は常に歴代正史の両横綱の位置を占めながら、時には、漢書のほうが評価されていたという時代も存在した。それはもちろんこの二つの書が異なった性質をもつことに起因しているだろう。今回取り上げる大木康・著の本書は史記漢書を比較することによってそれぞれの個性をとらえるのを目的としている。また、それぞれが好まれた時代の様相の把握も明らかにし、両書に中国文化のバロメーターとしての役割を期待する。

 まず正史とはなんだろうか。「史」は史書、より広範に記録を意味する。次に「正」は異端に対しての「正統」という意味である。この正史には、前の王朝の歴史書を編纂することで現王朝の正当性を保証する意味がある。なんらかの権威によって正当と認められれば正当になるという政治的概念である。ちなみに司馬遷も班固も、彼らの書いた書が正当と認められたのは彼らの死後の王朝においてである。そして、正史と定義付けするためには、また別の要素も必要だということができる。それはすなわち、紀伝体の形式で書かれているということである。紀伝体はもちろん史記に始まる形式で、世界の中心皇帝本紀とし、歴史の全体像を表現する。『随処』ただ、本紀では年代ごとに分けて記述するので、その部分は編年体である。以上より、正史とは紀伝体の形式で書かれ、王朝の権威によって認められた歴史書と定義することができる。

 次に史記漢書の違いを見ていきたい。この二つの書には当然性格の違いが存在する。もっとも大きな違いは、史記前漢の半ばに至るまでの中国の通史であり、当時の人々の感覚からすれば全世界通史といってもよいのに対して、漢書前漢王朝一大の断代史であることだ。この違いは、まず本紀の意味内容に大きな差異をもたらす。中国歴代の王朝体制にあっては、皇帝が世界の中心にあった。人の価値も、基本的には皇帝との距離で測られ、官職についていれば、国家に貢献しているとされ、地位が高かった。こうした世界観に基づいているので、歴史についても、皇帝の伝を記していけば、それがすなわち歴史の縦糸になるという考え方が背景にある。漢書では、座標軸としての皇帝の存在が、かっことして書くるつしている様子を見ることができる。裏返して言うなら、皇帝以外の人間は本紀の被伝者になることはできないのである。ところが、史記においては、「秦始皇本紀」いこうでは個人の伝が本紀になっているが、それ以前の部分では王朝によって本紀がたてられているのだ。しかも、史記には二つの王朝が時間的にも重複したり、年代を表す暦が複数存在している部分がある。このことは、一つの王朝、時代について一人の皇帝こそが世界の中心にあるとする考えと大きく異なる。周の末期、群雄割拠の時代、必ずしも秦が常に天下の中心を占めていたわけではない。司馬遷の場合、形式的に皇帝と名乗ったかどうかは、あまり重要な問題と捉えていなかったのである。それで実質的に皇帝の役割を果たした項羽を取り上げたのだ。一方、漢書は、あくまで漢王朝の歴史であるから、当然高祖より始まっているが、こちらでは列伝として彼の最大のライバルである項羽の伝を収めている。班固の史記に対する違和感は、漢の本紀が後回しにされ、しかも漢朝の皇帝の本紀が秦の始皇帝項羽と同格として並んでいる点だ。乱世を統一した光武帝は、班固にとって絶対的存在であり、漢王朝も同様に揺るがない存在だった。ここに司馬遷と班固の大きな違いがある。

 

 

人文地理学

山村の暮らしが成り立つために必要なことを巡って論じる

 

山村は、産業基盤や生活環境の整備などが他の地域の水準と比べてかなり低く、さらに過疎化・高齢化の進行により、農林地の管理が行き届ききらないなどの問題が深刻化している。山村の機能は多岐にわたっており、たとえば土砂災害防止や生物多様性の保持、食糧生産などどれも欠かせないものばかりである。このような機能は山村での農業生産活動や森林の整備等を通して効果の出るものであり、山村は、 我が国の農林水産業の発達や国民生活だけでなく国民経済の安定に関わるなどの重要な役割を担っている。しかし山村における就業人口は現象傾向にあり、後継者不足などの課題は重い。ただ、山村の実情として、その生活環境に問題がないとは言えないので、その点を改善していかなければ問題解決には至らないだろう。

では現在、山村の生活環境はどのくらい整備されているのか。まず、道路・下水処理施設にいついてだが、道路の整備は、全国、一部山村及び全部山村とも同程度の伸び率で進展している。また、主要道路の舗装率は、全部山村で約94%と、全国では94%ということから考えても十分な水準に達していると言える。続いて、下水処理施設の整備を水洗化率でみると、全国水準との格差は縮小する傾向にあるが、山村全体で見ると全国水準よりも20%以上下回っており、これはもちろん十分とは言いがたい数値である。次に、教育機関についてだが、少子高齢化に伴い、学校の数は年々減少の一途を辿っており、約45年前と比べて小学校も中学校も約半減している。また、医療機関・診療所の数も人口あたりで見ると全国の半分ほどしか存在しておらず、近年も減少しているきらいがある。

山村が抱えている問題はこのように様々あるが、やはり財政状況の厳しさがついて回ってきてしまう。政府からの助成金が増加すればよいが、それもそう簡単ではない。民衆の声を集めた署名や募金活動も有効ではないだろうか。生活環境の改善の急がれる山村には上記のようなことを発展させていくことが重要だろう。

 

 

〈参考〉農林水産省、振興山村をめぐる状況http://www.maff.go.jp/j/nousin/tiiki/sanson/s_about/pdf/zyoukyou.pdf

 

文学部 山本京平 2回生 

日本・東洋美術史

 

今回取り上げるのは平安時代の肖像である、奈良は東大寺の良弁僧正像だ。まず、良弁とは、東大寺の初代別当で、行基らとともに東大寺大仏の建立に携わって成果を挙げた人物である。ただ、彼の伝記は理想化された部分が多々あるとみられており、良弁とは金鷺優婆塞のことではないかとする説も存在している。この像はとても重量感のある像で、頭体とも物理的な奥行を満足に有している。その頭体の幹部、つまり体部両側と四肢はヒノキとおぼしき一材から彫りだされている。いまだに当時の着色が残る部分は少なくなく、白地に肉身の肉色や、法衣の緑、袈裟の隅で書かれた遠山文様などもしっかり残っている。作風の特徴として、着衣に刻まれた衣文は形式的に整理された箇所も見受けられるが、彫口も鋭い。顔の造形は少々写実性に欠けるが、眼光鋭い目などの彫口は鋭い。つまり、平安初期の要素が非常に色濃く残存しており、内刳も施さない一木造りの技法も平安初期風である。ただ、目は上瞼の線をほとんど水平に調え、下瞼の線を弧線で表した伏し目がちに表現されているところから、一種の理想化した面貌表現かと見られている。また、このような神秘的な顔立ちがしばしばみられることから、その制作年代は、良弁が亡くなってから相当後に制作されたものだとされている。では、平安時代の肖像彫刻の特色とは何だろうか。この疑問への答えは難しいもので、その理由は遺品が極端に少ないことと、写実的な作品がほとんど見当たらないためである。

氏名:山本京平 学籍番号:0100272415  

エミール・デュルケーム氏によると、社会的事実は、社会制度の文化的で構造的な性格をよくあらわしている。そのシステムとは、われわれが、自分たちの外部に存在するものとして経験しており、特有の時代においてそれらのシステムに偶然参加してしまった人々の意志や動機の総量に達するほどの影響と権威を持っている。ある程度においては、社会学というものは、利己主義者たち、つまり19世紀ヨーロッパの思想を支配していた人間の生活への心理学的展望に対する反応として生まれた。デュルケーム氏はとりわけ、社会や社会生活の集合的性質では、個々人が経験や表現するそれを還元することはできない、つまり、たとえば、人間の個々人として慣習を経験することは、社会現象としての慣習の原因にはなりえないと主張した。

上記の文章から、社会的事実とはおおよそ、人間個人の外側にあって、個々人の行動を拘束したり、規制したりするものだということが読み取れる。また、それは社会における集団に周知として共有された行動や思考の様式であると言える。確かに社会的事実という言葉を理解する上で、このことは納得させられる。大多数の人間がAだと思っていることや、Aすべきであると考えている場合、Aは「慣習」となり、人々に受け入れられていって、最終的にそれが「社会的事実」へと成長する。それはほとんどの場合、もちろん地域によって様々な差があるであろうが、規制の価値観として、あるいは常識のようなものとして、社会にどっしりと腰をおろしている。自分の生まれる時代や場所を選ぶことのできないわれわれは、自分たちの生きる「特有の時代」における価値観、あるいは「社会制度」に「偶然」にも「参加」させられ、その「影響と権威」に支配されていると言えるのではないだろうか。たとえば、「嘘をついてはいけない」や「人に会ったら挨拶をする」、あるいは「挨拶をされたら挨拶を返す」のようなものは社会的事実と言えるだろう。これらはわれわれが社会で生活する中で、望ましいこととして認知されている。もちろんこれらの価値観が普及したのがどの時代かは分からないし、自分がいつそれらを身につけたのかも知らないが、自分自身その善悪も何も問わずにただ受け入れている。しかしこれらを蔑ろにすればもちろん周囲から顰蹙を買ってしまい、周囲との人間関係が悪化してしまうということは言うまでもない。このような場合、社会的な罰則が発生してしまったり、制裁が加えられてしまうということもしばしばある。だからその価値観、慣習に従わざるをえなくなる。集団が是と認識しきっている社会的事実に対して、個人が非と主張したところで、その声はきっと反映されないだろう。個々人の経験する慣習は、集団の総和としての慣習とは異なり、それに還元されえない、とデュルケームは主張する。しかし、本当にわれわれは集団がそう認識しているから、で機械的にうなずき続けていてよいのだろうか。価値観というものは社会の変化とともに移りゆくものである。歴史に目を向けてみると、古代から様々な主義・思想が既存のそれに反発、台頭してはまた別のものにとって変わられてきた。つまりこれからもまだそのような変化は起こっていくだろうし、こうしている今、現在進行形で変化する潮流があるはずだ。そんな中、われわれは社会の持つ集合的性質にのまれて、受動的、流動的に価値観を身につけてはならない。インターネットが発達した現代、小学生のような幼い層から高齢者層まで、様々な人間がネットを利用する。さらにスマートフォンの急激な発展と普及。それに恐らく多くのユーザーたちのネットリテラシーが追いついていないということはある程度学んだ者からすれば明らかなことではないだろうか。文明の発展した現代だからこそ、新たな社会的事実もたくさん生まれていくことになるだろう。そんな時代に、個々人が、しっかりと取捨選択して慣習を築きあげていかねば、社会というものが崩壊するようなことにもなりかねない。あるいは、既存の価値観だから、社会的事実として成立してしまっているから、で諦めて何の考えもなしに受容するのではなく、それが本当に正しいのか、幸せに導いてくれることなのかと、常に疑問を持って批判的な態度で接することもまた重要であると思う。これから自分たちがつくる社会に、われわれがどれだけのことを出来るかというのは、そこに大きくかかっているはずだ。

氏名:山本京平 学籍番号:0100272415  -16文字

 

エミール・デュルケーム氏によると、社会的事実は、社会制度の文化的で構造的な性格をよくあらわしている。そのシステムとは、われわれが、自分たちの外部に存在するものとして経験しており、特有の時代においてそれらのシステムに偶然参加してしまった人々の意志や動機の総量に達するほどの影響と権威を持っている。ある程度においては、社会学というものは、利己主義者たち、つまり19世紀ヨーロッパの思想を支配していた人間の生活への心理学的展望に対する反応として生まれた。デュルケーム氏はとりわけ、社会や社会生活の集合的性質では、個々人が経験や表現するそれを還元することはできない、つまり、たとえば、人間の個々人としての経験は、社会現象としての慣習の原因にはなりえないと主張した。