読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

撫でられ始めてすぐ、自分はすぐラバーハンド錯覚が生じた。模型の手を撫でられている間は、実際に撫でられているという触覚、感覚がラバーハンドの位置に存在している、今見ている景色のそこに存在しているという風に感じた。初めはラバーハンドと自分の手の形を同じにしようとしていたが、錯覚が生じて以降、ラバーハンドと自分の手の形を変えることを試みた。具体的にはラバーハンドの中指、薬指が少しだけ浮いていたが、自分の中指、薬指は地面に付けようとした。すると、確かに自分の指は動いているはずなのに今見ているラバーハンドのほう手は動かないということが強く不自然に感じ、少し気分が悪くなってしまった。これより、自分にはかなり強い錯覚が起こっていたのだと予想される。ただ、ペンで刺されそうになった時は咄嗟に避けようとはならず、ペンで刺された時に「なぜビジュアル的には自分の手が刺されているのに感覚的には刺されている感覚がないのだろう」という印象だった。その後、2度目の試行ではついたてを外して実験を行った。そうしたところ、1度目より錯覚は弱まった。具体的に言うと、中指より右側の指を撫でられている時は錯覚が起こらず、中指より左の指を撫でられている時は錯覚が生じた。これは、左側にラバーハンド、右側に自分の手が位置していることに関係しているのかもしれないと考えられた。